pekopen.net

はらぺこペンギン第十回公演
『その手はもう届かない』
 
2007年12月13日(木)〜19日(水)
下北沢OFFOFFシアター

出演
三原一太
立浪伸一
園田裕樹
杉本麗
川本喬介
村田康二
白坂英晃

玉崎詩麻
林雄一郎

奥瀬繁(幻の劇団見て見て)
栂村年宣(BQMAP)
三瓶大介(ククルカン)

スタッフ
作・演出 白坂英晃
照明 橋本剛(colore)/音響 中村嘉宏 萩野樒樹
舞台美術 大津英輔+鴉屋/衣装 中西瑞美
小道具 蕪木久枝/舞台監督 杣谷昌洋
宣伝美術 太田裕介(Banana×Robo)
宣伝写真 鈴木綾子
スチール 村田まゆ/ビデオ撮影 黒船サーカス団
稽古場助手 平澤美帆 横山亮
当日運営 安田裕美(the square of y)
制作 萬代純子/企画・製作 はらぺこペンギン


あらすじ

18歳で上京し、以来実家へ戻ることのなかった「梅沢拓磨」は、2年前の母の葬儀で、数年ぶりに帰郷。物語はその2年後に行われた法事の後から始まる。

合併目前の函山村。それに反対する村人達。そして、始まる「函山の祭り」。

今、拓磨の家には弟の有哉、そして母の再婚相手であった正次郎が暮らしている。

同級生達は確実に歳を取り、

拓磨自身も「ガキ大将」から、ただの「サラリーマン」になっていた。

村を離れていた拓磨の前に広がる「変わっていない」だけど、確実に「変わってしまった」光景。そして、再会してしまう、彼女。

心のどこかで、いつかは帰るものだと思っていた。のかも知れない。

これは「故郷」と「僕」と「これから」の物語。



舞台写真(コチラにも多数掲載)





profile
はらぺこペンギン
2002年11月旗揚げ。
2004年12月、若手演出家コンクール優秀賞受賞。
「家族」「故郷」など、現代から消えかかった題材を元に、「丁寧な」会話劇を創造する劇団。
詳しくはコチラ!




Corich!舞台芸術!

↑サイト内で、舞台写真等公開中!参加しています!「お気に入り」登録や「観たい」「観てきた」などに書き込んでいただけると助かります!是非!

劇団員外部活動情報
客演情報、随時更新中!

STAFF・お手伝いさん募集中
はらぺこペンギンの公演を支えていただける方を募集しております。興味のある方はinfo@pekopen.netまでお気軽にお問い合わせください。